読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生、楽あれば苦もあるのです。

多種多様な業種を転職経験。ブラック企業ネタ多いです。

よくよく考えると、ブラック企業ネタはなぜか人生に付きまとってきた(笑)。

f:id:Cosmop:20160306144602j:plain

今回は私の弟がブラック企業に勤め始めた時に、出会ったあるお話です。こちらの企業某有名な消費者金融会社(○富士)で、未だにかの恫喝動画は有名ですね。

 

久しぶりに実家へ早い時間に帰ってきていた。

cosmop.hatenablog.com

この記事で書いた事故のため、2か月ほど実家に戻っていたのです。早く帰れたといっても23時ごろでしょうか、日を跨がないで帰れるのが早いというくらいです。

事故の怪我のため、酒も禁止・仕事もうまくいかないとイライラが募っている(若気の至り)。まあ寝ようと24時くらいにだったでしょうか。

ぴんぽ~ん。

(1分間隔)

ぴんぽ~ん。

(1分間隔)

以下エンドレス。

あれ?うちのチャイムか??なんでこんな時間???

 

さすがに10回目で出てやった

受話器でこすもっぷ「どちらさんですか~?」

弟の上司「スイマセン。わたし弟さんの会社のものなんですが(エラソー)

受話器でこすもっぷ「弟??こんな時間になんなんですか??(この時点でキレ気味)」

弟の上司「いえ、お話ししたくてお伺いしたんですが(エラソー)

 

とりあえず弟の部屋へ行くと、

「居ないことにしてほしい」「追い返してほしい」 とのこと。

 

まあなんとなく察したので、変わって玄関に出て応対してやることにしました。

 

顔面傷だらけの兄が出てくる

傷だらけのこすもっぷ「あ~弟いないみたいっすね。」

上司「いえ、あの、その以前お送りした時のバイクがあるんですが(傷にビビッテル)」

 

この上司、年齢で30後半かな?私の顔を見た瞬間に足がすくんでいます。

以下のこすもっぷはキレています。

こすもっぷ「つうかさ~。上司上司って名刺も出せないのか、あんたは?」

上司「あ、す、スイマセン(顔見てカナリビビッテル)。」

こすもっぷ「(名刺見る)んで、こんな時間(0時)に家のチャイム鳴らすってナンナノ?」

f:id:Cosmop:20160306145009j:plain

上司「いえ私も上司からいわれt・・・」

こすもっぷ「あんたじゃ話にならん。今からその上司連れてこい。」

上司「え?いや、その。。」

こすもっぷ「今からあんたの上司に、お宅の会社の一般常識聞かせろや。」

こすもっぷ「それができたら、俺立ち合いで弟に会わせてやるよ。」

上司「いやでも。。。」

こすもっぷ「夜中のこんな時間に指示を出した上司だろ?連絡待ってんだろ??できねえならとっと帰れ!!」

 

後々聞いたところ

なんかこの数日にわたって実家に来てたらしく、親も困ってたとのこと。まあ親には事故のことで迷惑かけてたので、悪いな~とは思いつつも連絡くれればな~と。

とりあえず

事故で傷だらけの顔が予想以上に効果があったらしく、それ以後訪問は無くなりました(笑)。

弟に話を聞いたら、こうする以外に手が無く同期も同じ方法で苦しんでるとのこと。なお同期で残っているのはあと2,3人らしく、彼らも逃げる準備をしていたらしい。

ブラック企業って怖いですねぇ~(お前が言うな)

 

自分のことを第一にしなきゃいけない時もある

時と場合によるのですが、こういった狂った相手には逃げることも一手。今回は逃げるというより撤退戦ですね。撤退に成功したなら、あとは挽回するチャンスを伺い動けばいいのです。

最後に

しんがりに兄を使うのはもう止めてね!!